ジャズとテニスの雑記帳

ジャズ・テニスそしてオーディオやミステリーについての日常を綴ります

”不公平”のウィンブルドン

昨日に続きウィンブルドンです。

 

今年はテニスファンの私にとって、あまり気持ちのいい年ではありません。

”恫喝”のローランギャロスに続いて、”不公平”のウィンブルドンになりました。

 

第2シードのメドベージェフの4回戦が雨天により第4セット途中順延になりました。そりゃそうですね、第2コートは屋根はありませんから。

 

意図的かどうかは知りませんが、

雨の多いロンドン、時間的に最後の試合で第2コートに組まれれば、雨天順延はあるなあ、と私は思いましたし、テニスファンなら誰でも危険だなと思ったはずです。

これでメドベージェフは3日連続の試合になります。おっと、ホルカシュかも知れませんね。

 

いずれにしろ、フェデラーの相手は3日連続の試合になったということです。しかも、準々決勝は、フェデラーが4試合のすべてを戦っているセンターコートです。

私にはとても公平だと感じることは出来ません。

テニスは”公平”が売りのスポーツだった筈です。紳士のスポーツ、ホワイトスポーツでしょ?

 

メドベージェフ、いい子になるな!なんか言ったれ!

それに記者さんたち、ジャーナリストなら、このあたりを突っ込んだだらいかがでしょうか?

 

そんなこと、ワシャ知らんわ Zzzz

f:id:ranmarubell:20210706211036j:plain