ジャズとテニスの雑記帳

ジャズ・テニスそしてオーディオやミステリーについての日常を綴ります

佐々木朗希投手 登板回避問題

前回からの野球ネタつながりです。

 

紅林弘太郎選手と同期の佐々木朗希投手(現ロッテ)の登板回避問題について

(2年前のことですが)

 

佐々木投手が高校3年時の夏、岩手県大会の決勝戦で、同校の國保陽平監督が「故障予防のため」という理由で、決勝戦に佐々木の出場させなかったことをめぐる問題です。

野球ファンはよくご存じの出来事です。

 

この問題については賛否両論あり、

監督の決断を支持しない派 金田 張本 甲子園有名校監督複数 他

監督の決断を支持する派  ダルビッシュ有 桑田真澄 長友佑都 前園真聖 他

(以上Wikipediaから)

 

私は、回避熱烈支持派です。

 

不支持の人たちは、「甲子園は聖地だ」「みんなが3年間目指してやってきたんだ」果ては「監督とエースだけのチームではない」「もう駄目だと思ったところから成長するんだ」等々、訳の分からない理由(私には)を仰っていました。

要するに、自分のやってきたことを反省(本当にこれで良かったのかと検証すること)することのできない人達なんだなと思います。

 

まず、「佐々木朗希選手のフィジカルとメンタルを一番良く知っている國保監督の決断を冷静に受け止めて考えてみよう」と、何故思わないのでしょう。

 

高校生という成長期に精神論的に連投し、甲子園に何回も出て頑張って、それをマスコミは美談仕立てして・・・

 

高校生投手の体は必要以上に傷んでいると思います。

甲子園で何回も投げている投手は特にそうなっていると思います。

 

まさか、「故障でつぶれる選手は、しょせんその程度のものなんだよ」なんて言わないですよね?

 

奥川投手(ヤクルト)も確か、プロ入り後、故障が見つかっていますよね。

 

今シーズンの奥川起用法は登板間隔10日です。高津監督に拍手を送りたいです。

日本シリーズ第6戦に奥川を使わなかったことも含めて。

 

高校生離れしたタフな選手、連投をして結果を出す選手、例えば松阪みたいな選手もいます。

しかしですね、あの甲子園の投球がなければ、松坂はプロでもっともっといい成績を残したかもね、と私は考えてしまいます。

ただ、松坂はプロ入り後も酷使されましたね。何か理由があったのか・・・メジャーに行く前にたくさん働いてもらおうと思ったのか?

 

今年の大谷翔平選手、シーズン最終戦に、10勝目をかけて登板するチャンスはありました。しかし、登板回避しましたね。私は支持しますよ。

回避には、合理的な理由があった筈です。

 

最後に・・生身で硬球を150Km、160Kmのスピードで投げるということは、尋常ではありません。高い負荷がかかっています。

もう少し選手、特に若い投手を守る意識があってもいいのではないでしょうか。

 

オリックス 紅林弘太郎 遊撃手

いやあ、今年の日本シリーズ面白かったですね。緊張感バリバリでした。

 

山本由伸投手凄くいい投手ですね。

 

唐突ですが、なるべく早くメジャーに行ってほしいと思います。

日本でまだ見ていたいですか?山本投手のピッチングを?

私はメジャーで投げるのを見てみたいです。

 

ところで、オリックスの紅林遊撃手、高卒2年目でショートのレギュラーとはとんでもないことですね。

立浪(中日)、坂本(巨人)以来かな? 15年に一人ですよ!

実は、彼の出身高校が我家のすぐ近くなのです。

 

f:id:ranmarubell:20211128234208j:plain

 

静岡県駿河総合高校

10年ほど前に、県立高校と市立高校が統合した高校です。

 

プードルの散歩コースで、家から歩いて5分。

高校時代の紅林選手に挨拶されたこともありますよ。野球部は礼儀正しいですからね。

 

プロ入りの時の横断幕です。

 

f:id:ranmarubell:20211128234408j:plain

 

同期に奥川(ヤクルト)佐々木(ロッテ)。順調に伸びていってほしいですね。

今シリーズ、打球がショートに飛ぶたびに、私が緊張していました(笑)

 

第6戦で紅林選手がエラーをしてランナー1・2塁のピンチを招いた場面がありましたね。

その時の山本投手の態度が素晴らしかった。

 

まったく感情の動きを見せずに、紅林に「ドンマイ(たぶん)」と手を挙げて、なおかつ次のプレイに備えるよう指示(たぶん)してました。

 

この選手(山本投手)なら、絶対にメジャーで活躍できると思います。

肩が減る前に、はやく海を渡ってほしい!

 

グランド横の遊歩道で記念撮影

f:id:ranmarubell:20211128234820j:plain

 

野球ネタ続きます。

ジャズ愛聴盤 18 エリック・ドルフィー  OTHER ASPECTS   

エリック・ドルフィーの未発表テイクを集めたLP

 

f:id:ranmarubell:20211126130141j:plain

f:id:ranmarubell:20211126130327j:plain

 

1960年と1962年の録音。1962年はJim Crowのみ。

ドルフィーの友人が録音テープを保管し、後年、ドルフィーの親の許可を得てレコード化されたもの、とあります。

 

f:id:ranmarubell:20211126130526j:plain

 

ドルフィーの演奏の中では珍しいと言える盤だと思います。

 

珍しいことのひとつは、「Jim Crow」のように黒人差別の象徴的表現が曲名になっていること。

マックス・ローチの「WE INSIST!」を思い起こします。

 

f:id:ranmarubell:20211126130957j:plain

 

もうひとつの珍しいことは現代音楽との関係です。

ドルフィーが現代音楽や民族音楽を研究していたのはファン周知のことですが、作品として現代音楽を色濃く出したものは、あまりない筈です。

 

ドルフィービバップの発展の追求者としてのアヴァンギャルダーです。

 

その点で、このアルバムは現代音楽寄りの実験的な雰囲気を感じます。

題名の付け方もアンソニー・ブラクストン風ですね。

 

もうひとつの珍しいこと

ヴォーカル・ピアノ・パーカッション奏者が不明(行方でなく氏名が)となっていること。

このLPの共演者であるロン・カーターなら知っているのかな? 教えてほしいところです。

 

それにしても、興味深い演奏です。

 

オーディオ備忘録 32 その後のシーメンス

シーメンスの20㎝・10㎝2ウェイを核としたクラシック4ウェイのその後です。

 

f:id:ranmarubell:20211125192138j:plain

 

両ユニット、特にツイーターの鳴らし込みが進みました。

 

歪っぽさが後退し、切れ味が上がってきました。

バイオリンのソロや小編成での切れ味は上質なホーンツーター並みで、かつ、木目細かさも十分です。

ミッドの17eは、換装当初から、ステージを立体的に再生する方向で高い能力を示しています。

 

f:id:ranmarubell:20211125192747j:plain

 

スーパーツイーターの音工房Zリボンツイーターは、能率的に、シーメンスにつなげるのは難しいと思っていましたが、10K㎐以上を伸ばすという点で効果をあげているようです。

バイオリンのフラジオがストレスなく伸びていっているように感じます。

もっとも、12K㎐がギリギリ聴こえるかどうかの私の耳です。気のせいかも知れません。

 

各ユニットの受け持ち帯域は下記のとおりです。

音工房Zリボン   10K㎐以上

シーメンス10㎝  2KHz以上

シーメンス20㎝  125㎐から2K㎐

テクニクス25㎝  125㎐以下

ヤマハ30㎝    35Hz以下(5ウェイの場合)

 

f:id:ranmarubell:20211125194009j:plain

 

全景です。

置き位置を、少し変えました。

SB-7を少し前に出し、感覚を狭めてあります。部屋の幅の1/3の位置に置いています。

シーメンス4ウェイもわずかに前に。

 

11月23日のNHK・FM生放送聴きました。

ファビオ・ルイージチャイコフスキー交響曲第5番の感想は後日に。

 

 

 

 

肴(さかな)

今日は、息子が市内の魚河岸で買ってきた魚で一杯です。

 

f:id:ranmarubell:20211123213722j:plain

 

左上はイワシの酢の物

左下はあん肝

右は、上がそーだカツオとかんぱち

   下がカワハギ・肝付(白くて良く見えませんが)

 

明日はテニスがあるのでお酒は控えめに

ある薬を飲んでいるので、アルコールが体の隅々まで回ります。翌朝も抜けきれません。

飲みすぎてテニスをやると、精巧な動きを必要とする「サーブ」が思うように打てません。

(アハハ、そんなに高尚なレベルではありませーん)

日本人は、ほんとうに「お馬鹿さん」

ばら撒きが始まりそうですね。

債務不履行に一歩前進です。

 

日本の政治や新聞・テレビの報道は、本当に日本人が行っていることなのでしょうか。

 

これ位国民を馬鹿にした、政策・報道は、日本人が日本人のために行っているとは思えないですね。

 

それを許容している我々もお粗末です。

 

日本人は、原爆投下されても「自国が悪い」と反省し、債務の山の中に居ながら、「世界のATM」と揶揄される。

本当におめでたい国民です。

 

いずれ○○の属国になるのでしょう。

属国もいいものですよ。強い国と戦争しなくていいし、働けば飯も食えるし、娯楽もある。

ローマ帝国の人民も小麦粉と娯楽は享受していたでしょ?

 

自由だってありますよ。帝国の範囲内でね。

 

聖徳太子以前に戻るだけです。

ちょっと違うのは、日本語がなくなることかな・・・

 

 

 

愛犬・パピヨン

これまで、7匹の犬を飼ってきました。

名前はいつも「ベル」。

 

その6代目ベル(ゴールデンリトリーバー)が7歳の時に、我が家にやってきたのが

パピヨンの蘭丸です。

 

大型犬は老化が早いのですが、蘭丸が来たことにより、ベルが母親の役割を持ち(オスですが)、ベル自身の生きがいにつながったようです。

優しい眼差しで、いつも蘭丸を見守っているような感じでした。

この6代目ベルはゴールデンとしては長生きして、12歳で安らかに逝きました。

 

その蘭丸は、現在17歳10か月、人間で言えば90歳になります。(私流の計算で)

 

f:id:ranmarubell:20211117225634j:plain

f:id:ranmarubell:20211117225709j:plain

 

これから、たいせつな時間になります。