ジャズとテニスの雑記帳

ジャズ・テニスそしてオーディオやミステリーについての日常を綴ります

ボクシング💛 ボクサーの耐久力

梅が咲きました。古木です。

 

ボクシングにおける、「打たれ強い、弱い」の要因は、素人の私には解りません。

ただ、打たれ弱かったチャンピオンを思い起こすと、身体的な特徴が見えてきます。

 

長身痩躯、首が長い、という特徴です。

首が長いということは、相対的に首が細い場合が多いですね。

 

すぐ思い起こすのは次の3選手です。みなさん、強いチャンピオンでした。

 

ディエゴ・コラレス 1977年-2007年(バイク交通事故死)

179㎝のスーパーフェザー級・ライト級チャンピオンチャンピオンです。

33戦全勝で対戦したフロイド・メイウエザーに5度のダウンを喫して敗れてからの戦績が7勝5敗と低迷。明らかにダウンが増えていきました。

 

ポール・ウイリアムス 1981年生

185㎝(リーチがなんと205㎝)のウエルター級・スーパーウエルター級のチャンピオン。

でかくて、速くて、パンチが強い。この選手は凄いチャンピオンになるとの予感がありました。

しかしミドル級に挑戦して、テンプルに強烈なカウンターを受け、2回KOで敗れてからは明らかに打たれ脆い選手になりました。

バイクの交通事故で引退。

 

デオンテイ・ワイルダー 1985年生

デオンテイ・ワイルダー画像 に対する画像結果

201㎝ 超ハードパンチャーのヘビー級チャンピオン。

タイソン・フューリーとダウンの応酬の一戦(引き分け)以降、ダメージの蓄積を感じさせる兆候である不安定なフットワークの試合が続いている。

ワイルダーのファンとしては、もう引退してほしいと思いますが、試合をすれば何十億円の収入になるという・・・

 

首の細いボクサーはパンチの衝撃の後遺症・・ダメージが残りやすい、と言えるのではないでしょうか。

 

と、ここまで書いてきて、もうひとつ重要なことに気が付きました。

上記のボクサーに共通しているのは、ハードパンチャーのファイターであることです。

 

「相打ち」で倒してきていたのが、徐々に「相打ち負け」するようになっていく側面もあったのでは?

そうさせていったのは、激しいファイトによるダメージの蓄積だと思います。

 

さて、中谷潤人 1998年生

フライ級、スーパーフライ級を全勝で制したチャンピオン。

今月24日バンタム級に挑戦の予定。今度の土曜日です。

172㎝の長身サウスポーで、素晴らしい才能の持ち主だと感じます。

首が長く見える体躯は、階級を上げていくとどうなるのか?

素人が心配するまでもなく、充分鍛えていると思います。

 

でも、チン(あご)とテンプル(こめかみ)にはもらわないでね!

 

 

ボクシング💛 ボクシングの要素

庭隅菜園で採れたブロッコリーです。

 

 

どんなボクサーが強いのか?

 

ボクサーの特徴・・技術・持ち味・・を表す言葉

 

パンチの強さ

パンチの正確さ

パンチのスピード

パンチの多彩さ

ブロック力

パンチをかわす眼力

スタミナ

戦術

打たれ強さ

 

ジョー小泉さん、こんなところでいいですか?

 

このような要素の応酬が試合です。

そして、自分が効かされる以上に相手を効かすことができれば勝利が近づきます。

 

パンチ力で勝つこともあれば、スピードと手数で圧倒することもあるでしょう。

試合は二人の選手の能力しだい・・相対的なものです。

 

そんな中で、私が、案外重要だと思っているのは、「打たれ強さ」です。

レベルが上がれば、パンチをもらわないということはありません。相打ちも増えます。

その時に、「打たれ強さ」が大きな武器になります。

 

ボクシングの長期チャンピオンたちは、皆、打たれ強さを持っているように感じます。

逆に、打たれ弱い選手は、チャンピオンであっても、負けてから復活するのは相当困難です。

ダメージは溜まっていくものですから。

 

「打たれ強さ」の敵は、ダメージの蓄積です。

多くの試合を重ねれば、ダメージも溜まります。

強いチャンピオンの長期政権が終わるのも、打たれ強さのレベルが落ちて、相打ちで効かされ、スピードも落ちて負ける、という場合が多いと思います。

 

最も理想に近いボクサー 

フロイド・メイウエザー・ジュニア 1977年生 

50戦全勝(27KO)5階級制覇

フロイド・メイウェザー・ジュニア画像 に対する画像結果

私の知る限り、メイウエザーが効果的なパンチを食らったのは、シェーン・モズリーのワン・ツーとマニー・パッキャオの右フックだけだと思います。

そのあとの攻撃を防いだクリンチワークも秀逸でしたが、打たれ強かったことは間違いありません。

 

誰よりも練習し、技術を獲得し、なおかつ打たれ強い。

無敗で引退、エキシビションマッチで今も稼ぐ、比肩する者のいないボクサーです。

 

メイウエザーに近い現役ボクサーが何人かいます。

ウエルター級のテレンス・クロフォード 1987年生 

40戦全勝(31KO)3階級制覇 スーパーライトとウエルターの2階級で

4団体統一

テレンス・クロフォード画像 に対する画像結果

 

ライト級のジャーボンテイ・デービス 1994年生

29戦全勝(27KO)。フェザーからライトの3階級制覇。驚異的な瞬発力と強打の倒し屋。


そして、我らが井上尚弥です。 1993年生 26戦全勝(23KO)

井上尚弥画像 に対する画像結果

 

ただ、この3人にしてもなお、メイウエザーの何倍も被弾しています。

 

試合数も重ねた今後、この3人がどういうファイトを見せていくのか、心配が尽きません。

 

これまで、プロボクサーのパンチドランカーを何人か見てきました。

ボクサーの皆さん、兆候があったらボクシングやめてくださいね。

ファンは選手の健康を、何より願っています。

 

 

ボクシング💛 日本ボクシングの歴史をつくった名チャンピオンたち

日本のボクシングに素晴らしい足跡を残した偉大な世界チャンピオンを、まったく個人的視点から4人選んでみました。

 

日本初の世界チャンピオン白井義男さんについては、私はリアルタイムで観ていないので、ここでは触れません。

 

ファイティング原田(1943年生)

ファイティング原田画像 に対する画像結果

ジュニア(スーパー)階級ができる前のフライ級・バンタム級チャンピオン

フェザー級は2回挑むも、ジャバーのジョニー・ファーメッション(豪)に阻まれる。

 

3階級一歩手前ということより、黄金のバンタムといわれたエデル・ジョフレ(ブラジル)に2戦2勝というのが凄い。

ジョフレはバンタムとフェザーを制した世界のボクシング史に名を刻むチャンピオンで、負けは原田に喫した2敗だけだった。

 

また、原田のバンタム級時代まではボクシングの団体はWBAだけであったので、世界チャンピオンは各階級に一人だった。

世界チャンピオンは一人ですよね。

4団体で4人のチャンピオンなんて・・3人はチャンピオンじゃない筈です!

 

大場政夫(1949年ー1973年)

大場政夫 画像 に対する画像結果

フライ級を5回防衛中に、交通事故で死亡。ゆえに「永遠のチャンプ」と呼ばれる。

中央高速でトラックと正面衝突した愛車はシボレー・コルベットだった。

タイトル獲得後、更に強くなった選手で、バンタム級の制覇も十分可能だったと私は思います。

 

具志堅用高(1955年生)

具志堅用高妻画像 に対する画像結果

ライトフライ級を13回防衛した強者。

ボディブローで相手を弱らせたうえで倒す戦法は勇気に溢れるものだった。

その分自分も打たれているので、バラエティでのボケ役は”地”なのか。

 

井上尚弥(1993年生)

井上尚弥画像 に対する画像結果

ライトフライ・スーパーフライ・バンタム・スーパーバンタムの4階級制覇、バンタムとスーパーバンタムは4団体団統一

テクニックとスピード・強打を備えた稀代のボクサー。

 

4団体統一というのは、本当に価値があるものだと思います。

4団体があるこの時代、チャンピオン同士が対戦して統一をしていくことが現代ボクサーが強さを証明する唯一の道です。

統一戦をしないで、4人もチャンピオンがいる階級は、お粗末な階級だと私は思います。

 

上にあげた4人の他には、川島郭志(スーパーフライ級)、長谷川穂積(バンタム・スーパーバンタム・フェザー3階級制覇)、いいチャンピオンでした。    

 

 

ボクシング💛 井上尚弥選手とPFP

井上尚弥選手

バンタム級スーパーバンタム級で4団体を統一した偉大な現役ボクサーです。

 

井上尚弥画像 に対する画像結果

 

ファイティング原田時代からのボクシングファンとしては、日本に、こんな世界的な選手が出て来て、驚きと嬉しさでいっぱいです。

 

POUND For POUND (PFP) でも1位とか2位と言われています。

PFPとは、シュガー・レイ・ロビンソンという米国の歴史的なボクサーを称えるために生まれた言葉だそうですが、

例によって、この表現が商売になると目を付けられて、業界で取り上げられることになったようです。

 

PFP =「体格の差を無くしたら、誰が一番強いか」なんて、仮定の域を出ることができない訳で、はっきり言って意味がない議論だと思います。

昔の柔道みたいに「無差別級」で闘うしかないでしょう。危険です!!

 

・・・それから言うと、大相撲ってすごいことしてますね。

格技なのに完全無差別です。

ルールがシビアということもありますが・・・

 

 

梅 そして 河津桜

庭の紅梅の芽が膨らんできました。

 

メジロ と ジョウビタキ が飛んできました、が、

シャッターを切り損ないました。

 

鳥の画像は図鑑からです。

メジロ画像可愛い に対する画像結果

 


花が咲けば、もっと来てくれます。

ただ・・・ヒヨドリがおとなしくしていてくれればいいのですが。

 

近所の遊歩道、犬の散歩コースです。

河津桜が咲き出しました。

 

3本のうち、真ん中が先に花開きます。

 


チッチ・チッチと声がすると思ったら、メジロが来ていました。

急いでシャッターを切りましたが・・・ヘタですね👇

中央、下部、やや右寄りにメジロ       👆

 

頭部が写っていない、残念!

 

 

ジャズ徒然草 ジャズ・トゥナイト 藤井聡子の新譜

2月10日放送のFM・ジャズ・トゥナイト

 

深夜の放送は聴きませんが、再放送や聴き逃し配信で、通し最低2回、個別に何回か聴きなおす番組です。

 

唯一のジャズ発信番組と言っていいと思います。

今回は興奮しました。

何と! 藤井聡子の新譜です。しかも最高の出来のジャズです。

 

番組詳細

好評企画「名盤誕生日」ジョン・ルイスの「グランド・エンカウンター」は、ハードバップの全盛期に西海岸で録音された一枚で、NYとLAから名手たちが参加した好企画盤。ギターのジム・ホールやテナーのビル・パーキンスたちの、滋味あふれるプレイをたっぷりとお届けする。番組後半「ホットピックス」では、人気ピアニスト小曽根真や、トランぺッター、アンブローズ・アキンムシーレのニューディスクなどを紹介する。

楽曲

「Love Me Or Leave Me」 John Lewis (8分17秒) <PACIFIC JAZZ TOCJ-9353> 「I Can’t Get Started」 John Lewis (3分31秒) <PACIFIC JAZZ TOCJ-9353> 「Easy Living」 John Lewis (4分13秒) <PACIFIC JAZZ TOCJ-9353> 「Two Degrees East-Three Degrees West」 John Lewis (6分07秒) <PACIFIC JAZZ TOCJ-9353> 「Skylark」 John Lewis (3分08秒) <PACIFIC JAZZ TOCJ-9353> 「Almost Like Being in Love」 John Lewis (9分24秒) <PACIFIC JAZZ TOCJ-9353>

 

「The Park Hopper」 小曽根 真 (6分26秒) <VERVE UCCJ-2232> 「Etudade」 小曽根 真 (6分38秒) <VERVE UCCJ-2232>

 

「Along the Way」 Satoko Fujii Tokyo Trio (6分25秒) <LIBRA LIBRA 203-073>

「Gentle Slope」 Satoko Fujii Tokyo Trio (9分21秒) <LIBRA LIBRA 203-073>

 

「Picture Ⅱ」 Joana Queiroz & Shin Sasakubo (3分25秒) <RINGS RINC117>

「Picture Ⅴ」 Joana Queiroz & Shin Sasakubo (5分21秒) <RINGS RINC117>

 

「Henya」 Ambrose Akinmusire (7分04秒) <NONESUCH 7559.790185>

「Flux Fuelings」 Ambrose Akinmusire (4分59秒) <NONESUCH 7559.790185>

 

「The Advocate - For Derek Bailey」 Tony Oxley (9分52秒) <TZADIK TZ 7618>

 

藤井聡子と言えば、2001年のこのCD!

以後、ずっと追っていましたが、上記CDを上回るものには、なかなか遭遇できませんでした。

 

今回はいい! 本当にいい!

MCの大友良英さんが絶賛しているのが、逆に残念? (笑) 

独占したいという、単純な感情です。

 

今回の放送、藤井聡子さん以降に紹介されている音楽に、私の好みの中心をドーンと突かれてしまいました。

 

再放送は水曜日、聴き逃し配信は一週間です。

ジャズファンの方は聴いていらっしゃるでしょうから(えっ! 聴いてない?)、そうでない方に聴いていただけましたら嬉しいです。

 

ジョン・ルイス小曽根真藤井聡子、異なるピアニスト3人の聴き比べも面白いですよ。

 

 

ミステリー♠ 頬に哀しみを刻め  S・A・コスビー著

ミステリーの先輩「音楽&オーディオの小部屋」さん、今年もミステリーを紹介をしてくださいました。以下、ブログから無断転載です🙇

 

父娘そろって大の「ミステリファン」だが、今年も娘が「このミステリがすごい!」を持って帰ってきた。



国内編と海外編に分けて年間のベスト20までが紹介されている。         

いつも上位で紹介されたミステリをチェックして大いに参考にさせてもらっているが、物事にはすべて「当たりはずれ」があるようにミステリも例外ではなく、下位の順位でも逆転現象があったりするので図書館で見かけたら借りることにしている。

とりあえず「ベスト5」を紹介しておこう。

<国内編のベスト5>

1位 「可燃物」(米澤 穂信)

2位 「鵺(ぬえ)の碑」(京極 夏彦)

3位 「あなたが誰かを殺した」(東野 圭吾)

4位 「エレファント ヘッド」 (白井 智之)

5位 「アリアドネの声」 (井上 真偽)

次に<海外編のベスト5>

1位 「頬に哀しみを刻め」 S・A・コスビー

2位 「ナイフをひねれば」 アンソニーー・ホロヴィッ ツ

3位 「処刑台広場の女」 マーティン・エドワーズ

4位 「愚者の街(上下)」 ロス・トーマス

5位 「トゥルー・クライム・ストーリー」 ジョセフ・ノックス

 

 

以上ですが、毎年、読書の参考にさせていただいてます。

 

2023年の海外編1位を読みました。

米国人作家 S.A.COSBY の 「頬に哀しみを刻め」

原題は「RAZOBLADE  TEARS」

 

 

物語の大筋は、

「同性愛(ゲイ)のカップルが惨殺される。

その父親は二人ともに元囚人。その二人が真相を知るべく行動を起こす・・・」

 

その先にあるのはバイオレンス・・・なのですが、実は現代アメリカのLGBT(※)と人種間の差別や格差という、大変重いものを引き摺りながらの展開になっていきます。

(※)今や、LGBTQ+ですよ・・・

 

さすが第1位の作品です。

昨年の、クリス・ウィタカー著「われら闇より天を見る」と同等の傑作だと思いました。

 

ただ、今回は閃いてしまいました。

犯人がわかりました。全45小節中の 第26節のところで。

犯行動機も、第33節で判りました。

結末も、ほぼ予測通りでした。

 

ツマランこと言うな! とお叱りを受けますね。

謎解きは、ミステリーの愉しみの一番手ですのでお許しください。

 

ちなみに、第2位はアンソニーホロヴィッツの「ナイフをひねれば」です。

(昨年暮れの12月27日に記事にしました)

 

3位以下も読みたいですね。でも図書館の待機者が多くてちょっと先になりそうです。