ジャズとテニスの雑記帳

ジャズ・テニスそしてオーディオやミステリーについての日常を綴ります

ルクセンブルク・フィルハーモニー マーラー 交響曲 第三番

NHKFM放送の「ベスト・オブ・クラシック」

ベネルクス3国のオーケストラ特集

 

5月19日は

ルクセンブルクフィルハーモニー管弦楽団

指揮 グスターボ・ヒメノ

曲目 マーラー交響曲第三番

 

素晴らしい演奏でした。マーラーの三番は良く聴いている曲ですが、私には非常に新鮮に感じました。1時間30分、あっという間でした。

 

指揮者のグスターボ・ヒメノさんが気になったので、Wikipediaを見ました。

 

1976年 スペイン・バレンシア生れ。バレンシアと言うとアルテックを連想してしまいます(笑)

ヤンソンスアバドハイティンクの副指揮者を務め、2015年から、ルクセンブルクフィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、同年のコンセルトヘボウ管弦楽団の来日公演を指揮、とありました。

きっと、クラシックファンの方は良くご存じの指揮者なのでしょう。

 

エラソウなことを言ってしまいますが、この方、多彩な要素をお持ちのような気がします。演奏が誰にも似ていない感じです。新しいという意味です。

今回のマーラーの三番では、幽玄なハーモニーが生き物のようにうねっていきます。こういう演奏は大好きです。

 

もうひとつ。録音も素晴らしかったです。

音像が際立ち、音場も前後に深く伸びていました。拘りの録音という印象です。

 

海外のコンサートの放送の中に、時々、ハッとする好録音があります。今回がそうでした。

 

ワインの愉しみ 五月

ワインの風景4選・・大袈裟ですが・・

 

肴は春巻きです

 

この時はピザです

 

この日は、ソーセージとシラスおろし

 

この日もソーセージにマグロの角煮、パスタです。

 

お酒は結構好きな方でした。

日本酒とウイスキーがメインで、それも蘊蓄を並べながら・・・一緒に飲む人はうるさかったでしょうね(笑)

 

10年ちょっと前に、血液抗凝固剤を飲むようになってから、ほとんどお酒を飲めなくなってしまいました。メチャメチャ酔ってしまうんです。

ただ、ワインだけは、今でも一合くらいなら悪酔いせずになんとかいけます。

 

好きな日本酒は厳選純米酒ですから、悪酔いするようなものではないのですが・・・原材料の違いかなあ・・・

 

写真のワインはいずれもボルドー、ボディはミディアムとフルの間くらい。

写真にはありませんが各種チーズに敏感に反応します。

 

ささやかな愉しみです。

 

『デシート』 神崎和幸・著

5月2日の拙記事 伊坂幸太郎 「殺し屋」三部作 にコメントをいただきました。

なんと、ミステリー作家の神崎和幸さんからでした。

 

氏の作品「デシート」を読みました。

 

 

テンポの速い展開と良質なトリックに引っ張られて、一気に読み切りました。面白かったです。

ベースに流れる「男の情念」の背景が更に深く描かれていれば、と感じましたが、それは私のような団塊世代の嗜好傾向かもしれません。

 

次の作品が楽しみですね。

 

 

 

 

鳥肌が立つ!! アルカラス

マドリッドで、ナダルジョコビッチ、ズベレフという3・1・2シードを連破して優勝。

 

 

そのテニス振りは、まさに「鳥肌が立つ」という感覚のものでした。

ナダルジョコビッチに感じるものと同じような気がします。

 

マドリッドの最年少優勝を記録。その前は誰? ナダル

これって、イチローが100年ぶりに、とか、大谷が100年ぶりにとかの感覚ですね。違うのは対象となるナダルジョコビッチがまだ現役のレジェンドだというところかな。

 

 

4月6日の拙記事「カルロス・アルカラス来ましたね」を再掲すると、

「(アルカラスは)ジョコビッチの技術と、ナダルのメンタル、そして彼だけのアルカラス・スピードを持っている。これに、フェデラーのサーブを持ったら・・・」

いずれ、フェデラーのサーブもゲットしそうですね。

 

今後の男子テニスから目が離せません。

ナダルジョコビッチは意地を見せてくるでしょうし、ネクストジェンの逆襲もあるでしょう。

フェデラーも、引退前に一度対戦してほしい。

アルカラスにフェデラーのスピードとサーブを体験させたい。

 

(インディアンウエルズのナダル:アルカラス戦でナダルが肋骨を骨折、マドリッドの同戦でアルカラスが足首捻挫、二人とも次のトーナメントの欠場を余儀なくされる、というガチンコ対決でしたね)

 

 

オーディオ備忘録 58 部屋の定在波対策 続編 自己流石井式の導入

現在は、オーディオ達人の方のいろいろなリスニングルームを雑誌やネットで拝見することができます。

 

凄いですね!! オーディオの別世界ですね。

 

ハイエンドルームの特徴は、

部屋面積が広いこと(高さもあるので容積も大きい)と、石井式リスニングルームの設計を取り入れている方が多いということです。

 

そんな情報を頭にインプットして出てきたのが、我が家に於ける「押入れの活用」でした。

 

オーディオルームの東側の側面です。八欧電機のSPが置いてあります。

三間(さんけん)の幅に、一間(いっけん)の押入れが二つ、半間(はんげん)の洋ダンス、あと半間は出窓式の書棚になっています。

 

狙いは押入れです。

押入れの戸を片方に寄せると、この東側側面に反射面と吸音面が出来ます。

それだけの話なので、石井式と言ったら怒られます(笑)

 

簡単に言えば、「部屋の作りが悪くて音がよじれるので、音波の流れを変えてみた」という訳です。

 

ともかく、押入れの戸を開けると、低域特性が明らかに素直になります。

 

ただし、押入れの中身が見えっ放しというのは、人に見せるわけではないとしても、あまりいいものではありませんね。そこで・・・

 

戸を寄せた後に、目隠しで「のれん」を吊るしました。

 

押入れの戸を開ける割合と、二つののれん(素材は白い方が麻、柄物の方が木綿)の位置は、1か月ほど調整してみて決めました。

 

この対策により、低域のディップは更に浅くなりました。

予想外だったのは、のれんが音像定位に相当な効果があったことです。

昔風に言えば、「ベールが一枚剥がれたような・・・」

 

気のせいかも知れませんが、一か月以上良い状態が続いています。

音楽だけでなく、人の声、歌手もMCも、リアルに定位しています。

 

 

オーディオ備忘録 57 部屋の定在波対策 

リスニングルームの定在波対策についてです。

 

定在波についての難しい理屈は、自分が理解できないので飛ばします。

 

定在波の罪は次の2点だと思います。

①低域に無視できないディップを生むこと 

②定位を不明瞭にすること

 

定在波の罪が醸成される環境はリスニングルームの広さに左右されると感じます。

経験的にですが・・・

6畳間以下・・・直接音が多いので定在波を気にする暇がない。

15畳間条以上・・・定在波の出方が緩やか。

 

どうも、日本間式にいう、8畳間・10畳間・12畳間が定在波の罪に見舞われやすいようです。

 

拙宅は問題の出やすい12畳間です。

JBLを置いてある南側の壁

 

シーメンステクニクスを置いてある北側の壁

 

また、西側にはペガサス、東側には八欧電機を置いています。

 

この部屋では、50~100㎐くらいの低域に-数㏈のディップが生じます。

部屋の中心に近づくほど定在波の影響は強くなります。低音が聴こえなくなります。

 

解決策としては、リスニングポイントを後ろの壁に近づければ、実用上は問題ありません。

また、たくさん置いてあるオーディオ機器や趣味の飾りが平行面を削ることにより、定位の不明瞭さのついても最小限に抑える効果はあると思います。

 

ただ、拙宅には問題があります。

数年前に建て替えたときに、このリスニングルームだけを「離れ」として残したため、従来の隣室へ通じる扉が壁になり、定在波発生に都合のいい構造に、より近付いてしまったようにも感じていました。

 

この定在波対策として、今年になって試してきたことがありますので、備忘録に記したいと思います。

(続く)

 

 

伊坂幸太郎 「殺し屋」三部作

 

伊坂幸太郎のファンです。

 

伊坂幸太郎作品にはシリーズものと云える作品があります。

これらは、単独でも楽しめますが、やはり順番に読むことで何倍も楽しむことができます。

 

この「殺し屋シリーズ」は傑作だと思います。

 

「殺し屋」シリーズの第1作 「グラスホッパー」  伊坂作品第7作

出てくる殺し屋は、「鯨」「蝉」「あさがお」「スズメ蜂」

 

シリーズ第2作は 「マリアビートル」  伊坂作品第21作

殺し屋は、木村、天道虫、真莉亜、蜜柑、檸檬、スズメ蜂、あさがお、そしてX、と大勢出てきます。

 

シリーズ第3作 「AX(アックス)」  伊坂作品第36作 

 

殺し屋は 超恐妻家の兜(かぶと)をはじめ、屈折した?面々・・・

 

私の陳腐な説明は省略します。

着想抜群で、最後まで構成が破綻しません。フィニッシュが決まるということは、体操競技の着地のように大事な要素です。伊坂作品の特徴です。

 

このシリーズを読んでも、伊坂幸太郎は、つくづく「愛情と友情の作家」だと感じます。

愛情と友情・・大切ですね。

ワタクシ、青くさいですか?

 

なお、伊坂幸太郎を一番楽しむ方法は、第1作から順番に読むことが宜しいかと存じます。