ジャズとテニスの雑記帳

ジャズ・テニスそしてオーディオやミステリーについての日常を綴ります

オーディオ備忘録 62 愛用ホーンの復活 と 月下美人

1インチスロートホーンJBL2340Aです。 音像が大きくなりがちな樹脂製ホーンなので、鉛板でデッドニングをして使っていました。 このデッドニングはドンピシャ決まりました。 500㎐カットオフ1k㎐以上で使用する仕様ですが、拙宅ではLE85ド…

オーディオ備忘録 61 ボロトレーン邸の 「ロクハン」

ボロトレーン邸訪問の続きです。 氏が最近入手した、ビクターのアルニコ・ロクハンです。 極めてピュアな接続で鳴らしています。 DACからパワーアンプへLANケーブル、アンプ内部もシールド線でなくLANケーブル単線に換えてあります。 その改造どお…

オーディオ備忘録 60 ボロトレーン邸の励磁システム

ボロトレーンさんから「調整が進んだから、聴きに来て!」とお誘いがありました。 ウーファーと大型ホーンが励磁電源です。テクニクスのツイーターはパーマネント。 今日は拙宅で調整用に使っているCDを持って行きました。 ドヴォルザークのロマンスです。…

ストリングスの張替え 

バボラのナチュラル・ストリングス(いわゆるシープ)を張ってあったテニスラケットの状態です。 傷んでますね。これ以外に2本、計3本のストリングスがこの状態です。 ここまでくると、切れていなくても平面性の問題が出ます。打球の長短左右に誤差が生じ…

ワインの愉しみ 6月 MÉDOC

今月飲んでいるワイン、メドックです。 これらは、格付けのあるオーメドックではなく、格付けのないバーメドック。 フランスでは、ワインの伝統と品質を守るため、法律によって様々なことが定められています。 日本酒も品質を保つ(上げる)ために厳格な規格…

生放送 (指揮)ステファヌ・ドゥネーヴ (管弦楽)NHK交響楽団

NHK・FMの生放送番組 6月17日は N響第1960回定期公演 (指揮)ステファヌ・ドゥネーヴ(管弦楽)NHK交響楽団 金子奈緒,【解説】博多かおる,【出演】管弦楽…NHK交響楽団,指揮…ステファヌ・ドゥネーヴ,オルガン…オリヴィエ・ラトリー ~東京芸術劇場か…

ジャズ徒然草 5 あなたの聴き方を変えるジャズ史 村井康司著

村井康司著 「あなたの聴き方を変えるジャズ史」 2017年10月の刊行 村井康司さんは1958年生まれ。 先日の「JAZZ遺言状」の寺島靖国さんは1938年生まれ。 私は1948年生まれですから、それぞれ「10歳違い」です。 それがどうした? ですね…

ジャズ徒然草 4 ジャズ・トゥナイト 2022.6.11

FM放送の愛聴番組「ジャズ・トゥナイト」の新譜紹介を聴いていると、 これは!!という好みのジャズに出会うことがあります。 そういう演奏者や曲を記録していきます。 6月11日放送の「ジャズ・トゥナイト」 類家心平tp 中嶋錠二p のアルバム「Duo」…

アメリカテニスの低迷           なぜアメリカ選手は勝てないのか

現在、アメリカのテニス選手は強くありません。 かっては、マッケンロー、アガシ、サンプラスという、史上最強選手論議に必ず登場する凄く強い選手達がいました。 今、米国選手がどのくらい弱いのかのデータです。 2003年のウインブルドンでロジャー・フ…

ナダル 全仏オープン優勝  

ラファエル・ナダル、全仏V14、グランドスラムV22おめでとう!! ナダルファンとしては、嬉しく、気持ちのいいものです。 ローカルなロートル・プレイヤーの私も、力をもらいました。目標目指して精進するぞ! 目標って何? それは・・・内緒です。 カ…

紫陽花と巣箱

庭のアジサイです。 あとで、ヤモリの写真が出てきますので、爬虫類がお嫌いな方はご注意ください。 紫陽花はボケ味をお楽しみくださいね(笑) 壺庭の木に巣箱をかけてあります。5年前から。 毎年3月になると、シジュウカラがやって来て、屋根に乗ったり…

梅酒用 麦焼酎

梅の実の収穫期になりました。 我が家も、親戚からもらった実で梅酒を造ります。 使う焼酎は、毎年、博多むぎ焼酎「天盃」 梅1㎏に焼酎一升、氷砂糖340gの割合です。 出来具合、特に甘味は1年たたないとわかりません(笑) 蔵元のパンフ 購入店は、市…

ジャズ徒然草 3 JAZZ遺言状  寺島靖国著

寺島靖国氏 東京吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」のオーナー。今は他の人に任せているようですが。 著作も多く、そのうちの一冊「JAZZ遺言状」 雑誌の記事は良く読んでいたのですが、まとまった著作を読むのは初めてです。 私のイメージでは、ジャズを本流にとら…

ジャズ徒然草 2 FOR ALTO アンソニー・ブラクストン

好きで良く聴くジャズ奏者の一人がアンソニー・ブラクストンです。 以前、ジャズ愛聴盤3で、「Tradition」をご紹介しました。 「またアヴァンギャルドか!」「スノッブや!」というお声が聞こえてきます。 恐れ入ります。しばらくお付き合いください。 私が…

オーディオ備忘録 59 励磁3ウェイシステム

一昨日、ボロトレーン邸に行ってきました。 励磁電源の3ウェイです。 温度や空気を感ずる音です。もちろんいい音です。 多くのオーディオマニアのうち一定数の方が、こういう出音を目指している筈です。 何故、温度感や空気感が出るのでしょう? 磁気回路が…

ルクセンブルク・フィルハーモニー マーラー 交響曲 第三番

NHKFM放送の「ベスト・オブ・クラシック」 ベネルクス3国のオーケストラ特集 5月19日は ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団 指揮 グスターボ・ヒメノ 曲目 マーラー交響曲第三番 素晴らしい演奏でした。マーラーの三番は良く聴いている曲で…

ワインの愉しみ 五月

ワインの風景4選・・大袈裟ですが・・ 肴は春巻きです この時はピザです この日は、ソーセージとシラスおろし この日もソーセージにマグロの角煮、パスタです。 お酒は結構好きな方でした。 日本酒とウイスキーがメインで、それも蘊蓄を並べながら・・・一…

『デシート』 神崎和幸・著

5月2日の拙記事 伊坂幸太郎 「殺し屋」三部作 にコメントをいただきました。 なんと、ミステリー作家の神崎和幸さんからでした。 氏の作品「デシート」を読みました。 テンポの速い展開と良質なトリックに引っ張られて、一気に読み切りました。面白かった…

鳥肌が立つ!! アルカラス

マドリッドで、ナダル、ジョコビッチ、ズベレフという3・1・2シードを連破して優勝。 そのテニス振りは、まさに「鳥肌が立つ」という感覚のものでした。 ナダルやジョコビッチに感じるものと同じような気がします。 マドリッドの最年少優勝を記録。その前…

オーディオ備忘録 58 部屋の定在波対策 続編 自己流石井式の導入

現在は、オーディオ達人の方のいろいろなリスニングルームを雑誌やネットで拝見することができます。 凄いですね!! オーディオの別世界ですね。 ハイエンドルームの特徴は、 部屋面積が広いこと(高さもあるので容積も大きい)と、石井式リスニングルーム…

オーディオ備忘録 57 部屋の定在波対策 

リスニングルームの定在波対策についてです。 定在波についての難しい理屈は、自分が理解できないので飛ばします。 定在波の罪は次の2点だと思います。 ①低域に無視できないディップを生むこと ②定位を不明瞭にすること 定在波の罪が醸成される環境はリスニ…

伊坂幸太郎 「殺し屋」三部作

伊坂幸太郎のファンです。 伊坂幸太郎作品にはシリーズものと云える作品があります。 これらは、単独でも楽しめますが、やはり順番に読むことで何倍も楽しむことができます。 この「殺し屋シリーズ」は傑作だと思います。 「殺し屋」シリーズの第1作 「グラ…

オーディオ備忘録 56 ジャズ喫茶「ベイシー」の思い出 その2 ジムラン

「サウンド オブ ジャズ」のPROLOGUEに、こんな一文が・・ そして、「JBL」のことを、ムカシの人はよく「ジムラン」と呼んだ。 そうでしたね、私もジムランと言っていました。 初めてJBLのスピーカーを聴いたのは、1967年新宿のダイナミックオーデ…

オーディオ備忘録 55 ジャズ喫茶「ベイシー」の思い出 その1 訪問

ジャズ喫茶「ベイシー」店主 菅原昭二さんの著書 サウンド オブ ジャズ! JBLとぼくがみた音 この本は、STEREO SOUND誌に連載された記事を中心に構成され、何回か出版されています。 私の持っているのは2007年発行の文庫本。あとがきや解説が新しくな…

オーディオ備忘録 54 シーメンス17e の音

クラシック音楽用のシステムとして、シーメンス2ウェイを軸とする5ウェイの完成度が高まり、このシステムで音楽に没頭する時間が増えてきました。 一方、システムのミッドバス担当?から外れたユニットのシーメンス17eは、フルレンジで鳴らして音の状態…

オーディオ備忘録 53 ホーン館のボロトレーンさん

ボロトレーン邸に遊びに行ってきました。 こちらでは、4っつの部屋にホーンシステムが置いてあります。 今日は三つ聴きました。 二階のJBL ドライバーはチタン振動板の2490、ホーンの型番は失念しましたが、一辺112cmの大型ホーンです。フルレ…

「現代音楽」の愉しみ

現代音楽が好きです。 聴くと惹きつけられますね。 現代音楽の定義は多岐に亘ると思いますが、私の興味は、オーソドックスにシェーンベルク・ベルク・ウェーベルンが起点です。 現代音楽の影響はクラシック以外の分野にも及んでいて、例えば、ジャズ奏者のア…

「聴き逃し配信」の愉しみ

NHK・FM放送の聴き逃し配信番組が4月から増えたようです。 これまで利用していたのは ジャズ・トゥナイト 世界の快適音楽セレクション リサイタル・パッシオ の三番組でした。 他に、私が聴きたいと思っていた番組の配信が増えました。 現代の音楽 名…

オーディオ備忘録 52 シーメンス22a のその後

クラシック用5ウェイのミッドバスユニットを、シーメンスの17eから22aに換装して約半月が過ぎました。 この半月間、クロスオーバー周波素、スロープ、レベル等を調整してきました。 換装してすぐに感じたのは、22aの方が能率は約2㏈高い、低域のエネ…

ジャズ徒然草 1 The Blues!

この記事は、”ジャズ愛聴盤シリーズ”といして書いたものですが、シリーズ名を変更させていただきます。 ジャズ徒然草 に。その1となります。 これからもご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。 では・・・ ジャズ奏者の中には、自分の楽器以外にヴォー…