ジャズとテニスの雑記帳

ジャズ・テニスそしてオーディオやミステリーについての日常を綴ります

テニス

コロナ感染闘病記 5 ワクチン

前回からの続きです。 コロナワクチンは3回接種しています。 孫を除く大人4人とも3回接種です。孫はもちろん未接種です。 政府・自治体や専門医が接種を勧めても、我が家では4・5回目は接種していないということです。 ワクチンに対する私の疑問。 mR…

コロナ感染闘病記 4

前回からの続きです。 コロナに感染してみての個人的体験です。 私の症状は「コロナ軽症」だったと思いますが、インフルエンザの軽症時と同じくらいの”大変さ”でした。 中症・重症にならなくて良かったです。ウィルスの弱毒化が進んでいるのでしょうか。 た…

コロナ感染闘病記 3

前回からの続きです。 自宅療養の開始 11月21日(月) 保健所から健康状態把握のための電話がありました。 四桁の囚人番号、じゃなかった、保健所用ID番号をもらいました。 症状悪化の場合は、病院でなく保健所の相談センターに電話するシステムを教え…

コロナ感染闘病記 その2

前回からの続きです。 住んでいる町内にあるクリニックが発熱外来対応ということはチェックしてあったのですが、今日は日曜日! 熱は上がってくるし、医療機関はお休み時間が近づいている。 日曜日と言えば当番医、それが終われば常設の救急病院になる。 は…

コロナ感染闘病記 その1

コロナウイルスに感染しました。 「ついに来たか」という感じでした。 3世代二人ずつ計6人の家族のうち、4人が感染・発症しました。 その4人全員が自宅療養を経て復帰(陰性)できました。 私自身は74歳という高齢かつ心血管に基礎疾患持ちであります…

来年も ナダルが!

ATPファイナルズ予選ラウンドで、ナダルが連敗。 得意でないサーフェスとはいえ、動きが悪いなあと強く感じていました。 ・・もう・・・かなあ・・・ 予選3戦目のルード戦。 見違えるテニスを展開。 数年前の同大会で、初戦敗戦のあと俊敏なテニスを見せ…

こんな日本に誰がした プチ鹿島

プチ鹿島 政治コラム集 お笑い公文書2022 本は図書館に返してしまったので、画像はお借りしました。 プチ鹿島氏は新聞20誌(20でよかったかな?)を読み比べて政治コラムを書かれています。 発想の根拠をそこに置いているというのは慧眼ですね。 とにか…

新世代の星 アルカラス & ルーネ

ホルガー・ルーネがジョコビッチを破りましたね。 マスターズの決勝、しかも接戦で勝利しました。 (ストレートアームです) ジョコビッチのレベルがあまり高くなかったとは思いますが、それでも大したものです。 昨年、ルーネをブログ記事にしていました。 …

テニス練習日記 大丈夫かな?

11月1日は、先月軽い肉離れを起こしてから7日目になります。 見苦しい写真で恐縮です・・ 患部に75mm幅のキネシオテープを張り その上からサポーターをつけます テニスに行ってきます。 そんなにまでしてテニスをしたいのか! そうなんです、テニスフ…

テニス練習日記 やってしまった!!

やってしまいました! 肉離れ! 10月25日、レッスン仕上げのゲーム練習 コートの向こう側には上級者の二人 私が入っている「中級」クラスには、自称中級の私のようなレベルから、「誰が見ても上級」の人まで様々です。 デュースコートからのファーストサ…

ロジャー・フェデラー は永遠に

フェデラー現役引退ですか・・・感無量ですね。 間違いなく、史上最高のテニス選手です。 最高のサーブ、フォアハンドそしてネットプレイでコートに君臨!! その姿は、ファンの脳裏に永遠に刻まれていきます。 世界中から賛辞が寄せられるでしょうから、素…

テニス選手の身長 考

全米テニス2022年 優勝のアルカラスと準優勝のキャスパー・ルード この二人、身長が183cm。 190cmを軽く超えるテニス選手が増えている中では小柄の方になります。 高身長のメリットは? これはもうサーブですね。 角度とスピードの点で、大きなア…

全米テニス おめでとうアルカラス 

全米テニス2022年 アルカラス優勝 アルカラスのポテンシャルなら、優勝そしてランキング1位は何の不思議もありません。 それにしても大したものですね。 素人の私がとやかく言えることではありませんが、私はアルカラス、ルードが生まれる前からテニスをや…

全米テニス 決勝戦が楽しみ

全米テニス2022年 男子準決勝2試合が行われ、 カルロス・アルカラスとキャスパー・ルードが勝ち上がりましたね。 ナダルファンの私としては、アルカラスはスぺインでナダルの同胞、ルードはラファ・ナダル・テニスアカデミーを拠点としている選手、とい…

全米テニス アルカラス VS. シナー

早くも、フェデラーVS.ナダル あるいは ナダルVS.ジョコビッチに例えられる、 カルロス・アルカラス 19歳 スペイン(左) ヤニック・シナー 21歳 イタリア(右) のライバル関係 全米2022年 準々決勝で激突 5時間15分の激闘の末、アルカラス…

全米テニス ラケット破壊 反対!!

全米テニス2022年 準々決勝 快進撃のキリオスをハチャノフが止めましたね。 「普通のキリオス」より「特上のハチャノフ」の方が強いという一戦でした。 例によって、キリオスはラケットを破壊、それも2本。 握手の後、手に持っていたラケットを4回コー…

全米テニス ティアフォーの進化

全米テニス2022年 4回戦でフランシス・ティアフォーがナダルを破りました。 ナダルファンの私としては残念なことですが、勝敗には理由があります。 ティアフォーの進化です。 僭越ながら、1年前の拙ブログの記事をご覧ください。 「2021.9.6 アメリカ…

テニス独白7 番外編・野球のルール改革

今回はテニスを離れて野球についてです。 私事ですが、若い頃は野球好き(下手の横好き)で、学生時代も含めて軟式野球チームに17年間属していました。 対戦相手が大学などの硬式野球チームの場合は、硬球を使用しての試合も経験しています。 硬球の感触は…

テニス独白6 アメリカ及び日本のテニス環境 

6月10日の拙ブログで「アメリカテニスの低迷」について触れました。 素人が偉そうなことを書いて申し訳ありません。 この時は、主にアメリカテニスのスタイル・戦術について、私見を述べました。 私は、「アメリカテニスの低迷」には、もう一つの大きな問…

テニス独白5 テニス頑張れ!

各スポーツにジュニア選手がいますね。 人気スポーツにジュニアが集まります。 プロスポーツの器の大きい種目に有望ジュニアが集まります。 この人も特別ですね。 大谷翔平さんが、子供のころテニスに興味があって、岩手県奥州市のテニスクラブでジュニアコ…

テニス独白4 松岡修造さん! タノンマス!

子供たちが複数スポーツ(ダブルスポーツとしましょう)をするのは、実際はとても大変です。 お金もかかります。 時間も必要です。 何よりも、ダブルスポーツは、日本では常識外のことなのです。 テニス愛好家の私は、機会があれば野球少年をテニスに誘って…

テニス独白3 複数スポーツをすることの意味

特別な選手を出してくるな! と言われちゃいますね(笑) ナダルは子供の頃、テニスの他にサッカーでも有望選手だったそうです。 叔父さんの一人がサッカースペイン代表、もう一人の叔父がテニスコーチという背景はあります。 ジョコビッチはテニスの他に、…

テニス独白1 やっとウィンブルドンが終わりました・・で、日本テニスの将来は・・

ウィンブルドンの蔦・・・ではありません。 お向かいの豪邸の蔦です。 毎年、ウィンブルドンになると、石黒賢スペシャルナビゲーターが興奮を抑えきれず、 「ウィンブルドンは他のグランドスラムとは違います!格が違います!」なんて言い出します。 また昔…

ストリングスの張替え 

バボラのナチュラル・ストリングス(いわゆるシープ)を張ってあったテニスラケットの状態です。 傷んでますね。これ以外に2本、計3本のストリングスがこの状態です。 ここまでくると、切れていなくても平面性の問題が出ます。打球の長短左右に誤差が生じ…

アメリカテニスの低迷           なぜアメリカ選手は勝てないのか

現在、アメリカのテニス選手は強くありません。 かっては、マッケンロー、アガシ、サンプラスという、史上最強選手論議に必ず登場する凄く強い選手達がいました。 今、米国選手がどのくらい弱いのかのデータです。 2003年のウインブルドンでロジャー・フ…

ナダル 全仏オープン優勝  

ラファエル・ナダル、全仏V14、グランドスラムV22おめでとう!! ナダルファンとしては、嬉しく、気持ちのいいものです。 ローカルなロートル・プレイヤーの私も、力をもらいました。目標目指して精進するぞ! 目標って何? それは・・・内緒です。 カ…

鳥肌が立つ!! アルカラス

マドリッドで、ナダル、ジョコビッチ、ズベレフという3・1・2シードを連破して優勝。 そのテニス振りは、まさに「鳥肌が立つ」という感覚のものでした。 ナダルやジョコビッチに感じるものと同じような気がします。 マドリッドの最年少優勝を記録。その前…

カルロス・アルカラス 来ましたね

18歳11か月のカルロス・アルカラス(スペイン)が、マイアミ大会に於いて、テニス・マスターズ史上3番目の若さで優勝しました。 (ちなみに、最年少はマイケル・チャン、2番目はラファエル・ナダル) これほど観る価値のある選手は、他に、フェデラー…

テニスラケット ストリングスの張り替え

少し前の話です。 8か月振りに、ストリングスを張り替えてもらいました。 ストリングスはバボラの一番安いナチュラルです。 私のストリングスは、メイン・ラケットがナチュラルで、ウェット(小雨・雨上がり)用のサブ・ラケットにマルチ・フィラメントのナ…

テニスは過酷なスポーツ

私が楽しんでいる趣味のテニスでなく、世界を舞台に闘っているプロテニスプレイヤーについてです。 どのように過酷か、いくつかの視点から考えてみます。 ひとつは、練習も試合もきついということです。 今年の全豪オープンの男子決勝は5時間半の死闘でした…